糸を使ったフェイスリフトでたるみを取り除く

フェイスリフトの糸でリフトアップ

自分なりにたるみを解消するための対策もしてみました。
私が試した方法としては、ラジオ波とEMSの機能が搭載された美顔器でたるみが気になる部分にアプローチしコラーゲン生成と表情筋の筋肉運動を促す、エラスチンやプラセンタやコラーゲンが高濃度で配合された吸収の良い美容ドリンクでインナーケアをする、リフトアップ成分やスリミング成分が配合されたマッサージクリームを顔全体にたっぷりと塗ってリンパマッサージをする、価格帯が高めでラグジュアリーなコスメブランドの基礎化粧品をライン使いする、成長ホルモンの分泌を活発にさせるために早寝早起きを心がけるなどがあります。
このままでは女子力もスキンケアやメイクへのモチベーションも美意識も下がっていく一方だなと感じたので、美容クリニックでリフトアップの治療を受けることに決めました。
たるみ解消効果が期待できるリフトアップ治療メニューはいくつかありますが、私が選んだのは糸によるフェイスリフトです。
細かいトゲが付いた糸を皮膚の中に挿入して組織に引っ掛けて、たるみを一気に持ち上げて固定するというアプローチの治療です。
たるんだ皮膚を確実に引っ張り上げることが出来るので、ヒアルロン酸注入や医療ハイフやボトックス注射などの治療メニューよりも実感力が高めで、よりわかりやすいリフトアップ効果が得られます。

フェイスリフトでは、耳の切開部分と法令線・口角までの距離が遠いことが理由で、法令線が薄くなることはあっても、無くすることは難しいこともある。


それ故、糸リフト・ヒアルロン酸注入や脂肪注入などの注入をセットで行うことで効果を最大限発揮させることもある。
#糸リフト pic.twitter.com/3hU9iK0x14

— 失敗しない整形名医選び🏥フェイスリフト・目の下のたるみ・クマ・脂肪注入・切開リフト・糸リフトの修正 (@hanayama_com) April 20, 2021

アラサーで肌のエイジングサインに気づいた | フェイスリフトの糸でリフトアップ | たるみがスッキリしました!