糸を使ったフェイスリフトでたるみを取り除く

アラサーで肌のエイジングサインに気づいた

アラサーで肌のエイジングサインに気づいた | フェイスリフトの糸でリフトアップ | たるみがスッキリしました!

私の肌にエイジングサインが出始めたのは30代前半で、30代後半に突入した途端に年齢肌の悩みが顕著になり問題が深刻化していきました。
目元のハリが無くなりまぶたの皮膚が重く垂れ下がり指で持ち上げないとアイラインが引けなくなる、もともとあった雀斑の色が濃くなりホルモンバランスの崩れで肝斑が生じ老人性色素斑が増えてシミだらけの顔になる、乾燥からくるくすみと目の下の青クマと温度差に伴う色ムラとニキビ跡の色素沈着のせいで肌の色が暗くなり明るい色味のファンデーションを塗ると灰色っぽくなる、水分保持力の低下で潤いを長時間キープすることが出来なくなりこまめに潤いをチャージしないと冬場は粉吹き状態になる、ターンオーバーの乱れで肌再生の遅れが生じスキンケアの効果を実感しにくくなるなど年齢肌の悩みは数え切れないほどたくさんありますが、その中でも私が最も悩んでいて対策の必要性を感じているのがたるみです。
コラーゲンやエラスチンが減少したり表情筋が衰えたりすると、ハリや弾力が失われて皮膚や脂肪がどんどんたるみます。
頬がたるめばそれにつられて毛穴も縦に伸びながら開きますし、垂れ下がった皮膚が口元に溜まればほうれい線が刻まれます。
ふっくら感が無くなって頬骨が目立ち男性的なギスギス感が出てしまうという問題も生じますし、フェイスラインが緩んで二重あごのブルドッグフェイスになるというのも悩みもつきまといます。
どの方法もたるみケアとしてはそれなりに効果的である程度の違いを実感することは出来ますが、驚くような即効性はもたらされず気休めに過ぎないなという印象です。